お金をかけずにできるSEO対策

企業においてホームページを作成した際にはSEO対策を施すのが常識となってきました。事実、企業向けのSEO対策会社から宣伝のメールや勧誘の電話が頻繁にあります。たしかに、依頼した方がすぐに効果があらわれてアクセス数が増え売上もアップする可能性を秘めていますが、駆け出しのホームページでは改善点が多すぎてSEO対策のコストばかりがかかってしまいます。

そこで、お金をかけずに無料でできる範囲のSEO対策から始めるのです。まずはホームページ作成ソフトを利用している場合も作成画面をHTML形式に切り替えてタグ設定をしていきます。たとえば、季節商品に関係していない企業であってもクリスマスやバレンタインデーといったフレーズを組み込むだけでアクセス数が増えることがあります。あまりにも関係のないフレーズを並べると検索サイトから除外されてしまうこともあるので、無理のない範囲で更新数を増やしていきます。

ブログにおけるseo対策

seo対策は主に更新頻度の少ないホームページなどの静的サイトにて効果を発揮しますが、更新頻度の高いブログでもある程度の効果を見込む事が可能です。
ブログは更新する度にpingと呼ばれるシステムにより登録した検索サイトへと更新した事を報告する仕組みをとっており、それにより検索サイトが巡回を行いウェブ上にキャッシュを溜めていく事になります。
なので自然とアクセス数が増えるようになっていますが、seo対策を講じる事によって検索サイトの巡回時に効率よくサイト情報を保持してくれるようになります。
ブログで簡単に行う事が出来るseo対策はサイトマップの作成です。
htmlエディタなどを使用してフッターにサイトマップを配置してみましょう。
たったこれだけでアクセス向上を見込む事が出来るのでブログを運営している方の中でまだサイトマップを作っていない方は設置してみてください。

SEO対策は昔よりも内部対策が効果あり

SEO対策は昔より内部対策が重視されてきています。
外部対策の被リンクももちろん重要ですが、以前のようにどんな被リンクでも価値があり、SEO対策に効く!という事は無くなりました。
グーグルのアルゴリズムの変更があってから、この傾向は顕著となっています。

ですから、無理やり被リンクを増やすよりも、サイト内のコンテンツやユーザビリティを見直した方が、検索順位上昇やアクセスアップに効果的かもしれません。

SEO対策の内部対策とは、サイト内の改善です。
サイトのソースの改善、コンテンツの量と質の改善、サイトの使いやすさの改善などです。
全てサイト運営者が一人で行なえます。コンテンツの量が必要なら外注する事も可能です。

という事で、外部対策でアクセスアップしなかった方、外部対策はちょっと苦手という方はSEO対策の内部対策に力を入れてみてはいかがでしょうか。

SEO対策と目標について

SEO対策は、すごくジャンル的に曖昧です。
だからこそSEO対策でサイトに施策する時は、目標を持ちましょう。
例えば一日のアクセス数1000を目指すでも構いません。
PV数10000でも良いです。その為にどのような施策が必要かと、考えていくと、どれくらい努力が必要なのかが見えてくるようになります。
1日のアクセス数が10のサイトが、いきなりSEO対策をしたからと言って1000や10000のアクセスをゲットは無理です。例外もありますが、ほとんど無理です。
つまり、相当な施策をしないと目標に届かない事がわかる事になります。
ここで目標を変えるか、そのままアクセスを増やすよう努力し続けるかはサイトの管理人が判断すれば良いのです。
SEO対策で、何をやっていいかわからない方は、目標のハードルを下げましょう。
目標がハッキリしていて、時間とコストをかけられる人は、目標を高く立てて後はひたすら施策していけばよいはずです。
このように目標を立ててSEO対策に取り組むと、結果が出た時にやっていた事が間違っていなかったとわかります。
結果が出なければ施策がずれていたといえるかもしれません。
SEO対策に限らず、何でもどこかに一本目標を立てる事でわかる事があるのです。
という事でSEO対策を始める前にまず目標を立てましょう。

SEO対策に有効なタイトルタグの最適化

SEO対策、とりわけ内部対策を実施する中で、タイトルタグの最適化は、非常に高い効果を望める部分になります。
タイトルタグとは、titleで囲まれた部分のことで、

ブログの場合は基本的には記事タイトルになり、サイトの場合にはページタイトルになることが多くなっています。
このタイトルタグの内容は、検索エンジンの結果に表示される部分で、検索結果には、32文字程度を上限に表示されることになっています。
そこで、この32文字をフルに活用して、上位表示を狙うキーワードを盛り込んだ魅力的なタイトルを作成することが大切になります。

検索エンジン対策だけを考え、キーワードだけを羅列したような、意味の分からないタイトルを作成する方がたまにいますが、最終的には、検索結果を見た人間にクリックしてもらう必要がありますので、
あくまでも自然な文章、魅力的な文章にすることが重要です。

seo対策とはどのような対策を言うのか

運営しているサイトにユーザーを集めるためには、seo対策をきちんとやっておかなくてはいけません。
では、seo対策とはどのような対策を言うのでしょうか。

seoは検索エンジン最適化の事を言います。
seo対策というのは、検索エンジンの上位にサイトを掲載させる事を目的とします。
検索エンジンの上位にサイトを掲載させることが出来れば、そこから多くのユーザーを集めることができるようになるのです。
そして、このseo対策は検索エンジンも認めている正規の手段だと言えます。

検索エンジンは、意図的にサイトに手を加えることによってサイトの評価を変化させる事を拒んでいません。
むしろ、積極的にやっても良いと支持してくれていますので、特に大手のサイトを運営している方は間違いなくこのseo対策を実践しています。
ですので、seo対策を実践してサイトの評価を向上させなくてはいけないのです。

初心者でもできる簡単なSEO対策

ブログなどの個人サイトを運営している人も、多くの人に記事を読んでもらいたいという欲求があると思います。アクセス数が伸びなくて悩んでいる人もいるでしょう。

そこで必要になってくるのが「SEO対策」です。簡単に説明すると、Googleなどで検索した際に自分のサイトを検索ページの最初の方に表示させるということです。

「SEO対策」の基本としてまず、自分の記事のタイトルと本文の中にキーワードとなる言葉をうまく入れなければなりません。ここで注意して欲しいのが、人気のあるキーワード(例:パソコン・野球・音楽など)の一つだけでは1ページ目に表示させるのは非常に難しいということです。そこには大企業や人気サイトのように多くのライバルが存在するからです。

ここで役に立つのが「ロングテールSEO」といわれる手法です。複数のキーワードを組み合わせることで検索ページの1ページ目に表示することを狙います。

パソコンというキーワードを例に考えると、パソコン・格安・レビューという具合に組み合わせます。このように組み合わせたキーワードで記事を作成すると、比較的簡単に上位のページに表示できるでしょう。ただし、検索されないようなキーワード同士を組み合わせるのは避けてください。

今回、紹介した「ロングテールSEO」を意識して記事を作成すれば、徐々に検索エンジンからのアクセスが増えてきます。簡単な「SEO対策」なので、これまで何となく記事を書いていた方はぜひ試してみてください。